未分類」カテゴリーアーカイブ

シェルのヒストリーを残さない,あるいは削除するにはどうしたらいいのか

スポンサード リンク

SSHでサーバーをガンガンいじるようになると,シェル履歴の再利用は非常に重要だ。前回:percolを書き換えていい感じにzshで履歴検索できるようにするで,percolで簡単に絞り込めるようにしてみた。履歴をよくよく見てみると,かなり無駄なコマンドが打ち込まれていることに気づく。

  1. 再利用することを念頭に,余計なコマンドはそもそも記録しない
  2. 無駄なコマンドを削除する

必要があるだろう。

余計なコマンドを記録しない

その入力だけBashのヒストリを残さない – Qiita

余計なコマンド履歴を削除する



カテゴリー: 未分類 | コメントする

Pythonの多次元リストを指定の要素でソートする

スポンサード リンク

Pythonのソートにはリストのメソッドであるsort()と独立な関数sorted()がある。

2つの違いはリストに限定されるかどうかだけではなく,以下の実行例を見ればわかるようにsort()はリストの内容を書き換え,sorted()は書き換えることはないことが挙げられる。

>>> list = [1,5,2,0]
>>> list.sort()
>>> print list
[0, 1, 2, 5]
>>> list = [1,5,2,0]
>>> print sorted(list)
[0, 1, 2, 5]
>>> print list
[1, 5, 2, 0]

sort()の第1引数は比較に用いる関数であり,第2引数(key)は比較する値を返す関数である。list.sort(key=lambda x:(x[0],x[2]))と指定するとlistの第0要素と第2要素を持つタプルを比較対象として渡すことができる。

sort()の第一引数に何も指定しないとcmp関数を用いる。cmp関数にタプルを指定すると第0要素から順番に比較していってくれるので下の記述で第0要素が等しい場合は第2要素を比較した準位でソートすることができる。

# 特に指定しないと第0要素から順に比較する
>>> list = [[1,7,3,4],[1,2,1,2],[2,9,3,5],[1,1,3,2]]
>>> list.sort()
>>> print list
[[1, 1, 3, 2], [1, 2, 1, 2], [1, 7, 3, 4], [2, 9, 3, 5]]
# 第0要素と第2要素で比較する
>>> list = [[1,7,3,4],[1,2,1,2],[2,9,3,5],[1,1,3,2]]
>>> list.sort(key=lambda x:(x[0],x[2]))
>>> print list
[[1, 2, 1, 2], [1, 7, 3, 4], [1, 1, 3, 2], [2, 9, 3, 5]]



カテゴリー: Python, 未分類 | コメントする

Fortran77の言語仕様

スポンサード リンク

ネット上ではFortranの情報はF90だったりF95だったりすることが多い。単にFortranとしか書いてないことも多いのでF77の情報がきちんとまとまったサイトは貴重である。
という事でメモ。

Fortran 77 言語リファレンスマニュアル: 目次
FORTRAN 77の言語仕様 – Wikipedia

F77の情報ではないが,見やすくて便利↓。
Fortranの関数リファレンス



カテゴリー: プログラミング, 未分類 | コメントする