MicroServer」カテゴリーアーカイブ

物理サーバーから仮想サーバーへの移行計画

スポンサード リンク

このWordpressを含め,我が家では1台のサーバーで

  • Webサーバー
  • DNSサーバー
  • ファイルサーバー
  • 録画サーバー
  • SSHサーバー(踏み台)
  • メールサーバー

と沢山の役割を担わせてきた。しかし,2010年に組み立てたシステム(CentOS 5.11 & HP MicroServer)ではいいかげん更新しなくてはならない。もちろん,旧サーバーは稼働させたままで新しいサーバーに移転したいところである。が,更新のためだけに新しくサーバーを買いたくはない。狭い自宅をこれ以上狭くできないのだ。

ということで,MicroServer上のCentOSに仮想マシンを立てて,ゆるゆると移行していくことにした。仮想サーバーならば,MicroServerが物理的にぶっ壊れても緊急避難的にWindowsのデスクトップPCで動作させられるし,テストとか,将来的な更新も楽そうだ。

仮想化の技術は VirtualBox,VMware,KVM,Zen,etc. と色々あって迷ってしまうのだが,Linuxでしか動かないKVMやプロプラのVMwareは避けてVirtualBoxを採用したいと思う。



カテゴリー: CentOS, Debian, Fedora, MicroServer | コメントする

MicroServerは真夏の室内でも元気

スポンサード リンク

帰宅すると,うちで使っているHPのMicroServerが轟音をあげていた。
それもそのはず室温は37℃。あわててエアコンを作動させた。
MicroServerの温度は相当酷いことになっているだろうなと確認してみるとそうでもない。
≫ 続きを読む



カテゴリー: MicroServer | コメントする

天袋サーバーの温度が……

スポンサード リンク

今日一日部屋を閉めきっていたら室温が27℃になっていた。天袋にいれておいたHP MicroServerの温度が今までで最高温度を示した。

CPU_THEMAL	36.0 C
NB_THERMAL	40.0 C
AMBIENT_THERMAL	27.0 C
SYS_FAN	1200 RPM

こりゃそろそろ,温度管理をしっかりとやらないといけないな



カテゴリー: MicroServer | コメントする

MicroServerの消費電力

HPのMicroServerの消費電力をサンワサプライのTAP-TST8ワットモニターで測定したのでメモ。

環境
CentOS 5.5
RemoteCard有り
3.5インチHDD×3 + 2.5インチHDD×1
メモリ2GB×2 non-ecc

測定値
電源OFF 3.6watt
起動中 52.5watt
CPU負荷(stress –cpu 2) 53.0watt
HDD起動時アイドル中 45.2watt
OSをインストールしたHDD以外のHDDスタンバイ状態(hdparm -Sによる) 35.3watt

カテゴリー: MicroServer | コメントする

VMware上のDY-UD200によるTS抜きは非現実的

CentOS上でVMwareを動かして,ゲストOSとしてXPを使用してDY-UD200によるTS抜きを試してみた。結果,認識して録画できるものの,ドロップだらけでまともに視聴できるファイルは得られないことがわかった。番組情報の取得は,通常の倍の時間かけてもたまに失敗する。スクランブル解除は正常にできているので,電波の感度さえ改善できればVMware上でも使えるのだが…

ちなみにVWwareを介さずに直接WindowsをインストールしたPCでは,ドロップは全くしないで録画に成功している。VMware上での録画環境構築も,通常と同じように下記のサイトの通りに行った。

USB地デジチューナ DY-UD200 まとめwiki – bondriver編

カテゴリー: CentOS, MicroServer, Windows | コメントする

MicroServerのCentOSの解像度を変更した

MicroServerにCentOSをインストールするとデフォルトの解像度は800×600である。これではあまりにも狭いので解像度を広くした。

RemoteカードのVGAはASPEEDのAST2150だそうだ。念の為にhttp://www.aspeedtech.com/support.html(2013/12/10追記:残念ながらすでにリンク切れのようだ)からドライバらしきものをダウンロードし,インストールしてからGnomeのシステム→管理→ディスプレイでGUIから変更する。このとき,モニターを選択してから解像度をいじる。

しかし,ドライバらしきものは正直必要ないような気がする。

2011/04/03追記–
やはりドライバらしきものは,必要ないことがわかりました。

カテゴリー: CentOS, MicroServer | コメントする

天袋に押し込めたMicroServerに負荷をかけて温度を観察してみた

主に温度変化とファンのうるささを確かめる為にstressコマンドを使用してみた。
天袋におしこめた状態で,10分間CPUに負荷を与えてみる。
≫ 続きを読む

カテゴリー: CentOS, MicroServer | コメントする

MicroServerでsuper_pi

前に先代サーバでsuper_piをとったので,比較のためにMicroServerでもCentOS上でsuper_piをとってみた。先代は,2007 年夏モデルのデスクノート(Aspire5520)であるが,UnixBenchと同じようにsuper_piでもMicroServerは負けている。まぁこれは省電力なのでしかたがない。他に動いているサービスとか気にせずに比較しているので,きちんと全部止めれば,また違った結果がでるのかもしれない。

以下,約104万桁の計算結果。
≫ 続きを読む

カテゴリー: CentOS, Linux, MicroServer | コメントする

MicroServerでUnixBench

前に先代サーバでUnixBenchをとったので,比較のためにMicroServerでもCentOS上でUnixBenchをとってみた。先代は,2007年夏モデルのデスクノート(Aspire5520)であるが,MicroServerの方が負けてるらしい。他に動いているサービスとか気にせずに,runlevel5と3で比較しているので,MicorServerのrunlevelを3にすればもう少しいい結果がでるのかもしれない。
≫ 続きを読む

カテゴリー: CentOS, Linux, MicroServer | 1件のコメント

MicroServer到着。環境構築作業

昨日の朝にMicroServerが到着した。
早速,環境の構築作業にとりかかった。気がついたらこんな時間(午前2時34分)である。
≫ 続きを読む

カテゴリー: CentOS, Linux, MicroServer | コメントする