Vimの現在のバッファの中身を外部コマンドでフィルタする方法

スポンサード リンク
LINEで送る
Pocket

Vimで開いているバッファの中身を外部コマンドに渡して,フィルタしたいとする。もちろん,バッファはフィルタ後の内容で置換されて欲しい。

例えば,バッファの中身が

hoge huga

というときに sed -e ‘s/hoge/piyo/’ という外部コマンドを適用して,

piyo huga

に変えたいときは,

:%!sed -e 's/hoge/piyo/'

とexコマンドを打てばよい。

もちろん,今回の例では外部コマンドを呼び出さずとも

:%s/hoge/piyo/

で良いわけだが,任意の外部コマンドを使えるわけだから応用範囲はかなり広いと思う。

関連する記事

LINEで送る
Pocket



カテゴリー: Vim, コマンドメモ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
また,TeX の記法で数式を入力する場合は [latexpage] とコメントの最初に入力してください(QuickLaTeX の機能です)。
例: [latexpage] $\frac{1}{2}$

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.